Girl’s Info ダイエット

【飲食】焼肉が好調を維持、居酒屋の不振が続く 4月外食市場動向調査

投稿日:

no title
1: 名無しダイエット 2018/05/27(日) 13:43:03.35 ID:CAP_USER9
http://news.livedoor.com/article/detail/14775131/
 日本フードサービス協会の発表によると、4月の外食市場では、焼肉が客数増により好調を維持している一方、ファーストフードやファミリーレストランなどのちょい呑みに押されて、居酒屋の不調が続いていることが分かった。

■20カ月連続で前年比プラス
 25日、日本フードサービス協会が2018年4月度の外食市場動向調査を発表した。外食全体の売上高は前年同月比101.8%で、20カ月連続でプラスとなった。店舗数は100.4%、客数は99.1%、客単価は102.7%のため、客数のマイナスを単価でカバーした格好となっている。

 花見需要が3月に前倒しとなったことで、持ち帰り米飯/回転寿司やファミリレストラン、居酒屋などで集客の減少となったものの、価格改定や高単価商品が好調だった。

■中華や焼き肉は客数が伸長
 売上が好調だったのは、ファーストフードのカテゴリーでは、洋風(前年同月比:103.4%、以下同じ)、和風(104.1%)、麺類(103.5%)、ファミリーレストランのカテゴリーでは、中華(106.1%)、焼肉(105.7%)、ディナーレストラン(104.3%)、喫茶(103.2%)など。

ただし業種によって内訳は異なっており、ファーストフードの洋風、和風、麺類では、客数と客単価がともに前年比プラスとなっているが、ファミリーレストランの中華と焼肉では、客単価は微減(中華:99.8%、焼肉:99.9%)ながらも客数が大きく伸びている(中華:106.3%、焼肉:105.8%)。

 17カ月連続でプラスが好調が続く焼肉は、根強い『肉ブーム』に加え、メディア露出による集客効果などが後押しした。

(全文は配信先で読んでください)


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる
【飲食】焼肉が好調を維持、居酒屋の不振が続く 4月外食市場動向調査

-Girl’s Info ダイエット
-

Copyright© ゆるふわTIMES , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.